Une préparation de chauffage 薪の準備

Une préparation de chauffage 薪の準備

寒い冬に備えて、ストーブのたきぎを準備する。伐採したばかりの材木では水分が多く、すぐには使えない。1、2年乾燥させておく必要がある。また、針葉樹はすすが多く出るので暖房用には向かない。制約が多いので、結局広葉樹の薪(マキ)は業者から購入している。 その時もらった商品にはならない木っ端や、去年庭で剪定して乾燥させておいた木枝を、小さく切って着火材(たきつけ)として利用する。これで今冬も暖かく過ごせそうだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。