Ma minceur シェイプアップ – その2

Ma minceur シェイプアップ – その2

その2

炭水化物、糖質がダイエットの妨げになる。もちろん極端に減らすことは、かえって健康に害になる。だから、できるだけ消化に手間取るものを適量にする。米なら玄米、パンならコンプレ(全粒粉)、セーグル(ライ麦)、カンパーニュそしてセリアル(雑穀)。これらはどれも、栄養豊富で噛めば噛むほど味わい深い。酸味、渋味、うまみなど複雑な味を感じる。

金平糖が黄金ほどの価値があったなんて、今では想像もできないほど砂糖の値段は安い。それなのに、食品街の半分近くは糖質売り場で占められている。糖質を要求する本能のせいで、誰だって甘いもにひかれるからだ。でも、飢える心配がないのだから、それほどまで求めなくともいいはずだ。

デザートは、外食の時でもできるだけ避けている。自宅に砂糖は置いてない。料理の時の甘みは玉ねぎやフルーツを使う。ただし、めんつゆやだしの素に含まれる砂糖は致し方ない。

いつもの食事に甘みが少ないと、その分甘みに対する味覚が敏感になる。甘みで誤魔化されなければ、素材や調理の質を感じるとることができるようになる。そうなれば、めったに食べないデザートだって質の良しあしがすぐわかるようになる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。