Le rêve 夢とは

Le rêve 夢とは

夢は描くもの
夢は追いかけるもの
夢はつかむもの

当たり前だけど、まず描かなければ、追いかけもできないし、つかむこともできない。
残念な事に、豊かな国日本の若者は貧しい国の若者に比べて、夢や希望を持ててない。いや、むしろ豊かだからこそ、選択肢が多すぎて選べないのかもしれない。あるいは、豊かさ故に夢の実現性がリアルで、描いた夢は必ずつかまないといけないみたいな感覚になって、のびのびと夢を描くことができないのかもしれない。

でも、夢は実現しないほうがかえって幸福ではないかと思う。夢をつかんだ瞬間はこの上ない喜びに満ちると思うけど、そのあとには虚しさと寂しさが必ずつのる。傲慢にもなりやすい。頂点を極めた後、傲慢なまま残りの下り坂の人生を過ごしたらどうなると思う?

それにひきかえ、たとえその顔が泥だらけでも、夢を追いかけている人の目はキラキラ光っていて美しい。夢や希望を抱き続けていることこそが、生きることのエネルギーの源泉だ。だから、つかむことができそうもないぐらいの夢を一生追いかけ続けたほうがいい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。