Kopi Luwak コピルアック

Kopi Luwak コピルアック
アマンジウォの日本語ガイド、ダルトさんはとても勉強熱心で面白い人だ。
会話には必ず、「じつは・・・」とか「はっきり言って・・・」とか、
絶妙な接続詞を入れて話す(決して間違ってはいないが、日本人はそれほど多用しない)。
インドネシアの医療事情についての会話の中で健康診断の話題になったとき、
「は?健康死んだ?」と聞き返されて大笑いした思い出がある。
そのダルトさんに、「ヤマネココーヒー」に連れて行ってもらった。
貴重なコーヒー、コピルアックのお店だ。
コーヒー豆というのは「じつは」果実から果肉を取り除いた種の部分だ。
果肉を取り除いて豆を乾燥させるのに様々な方法があり、
それによってコーヒーの風味も違ってくる。
コピルアックはジャコウネコに実を食べさせ、これを消化させる。
そして、独特の香りがつく。
コーヒー豆の排泄物をみると、「はっきり言って」飲む気をなくす。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。