La pierre de soi-même 自分自身の岩

La pierre de soi-même 自分自身の岩
人は皆、多かれ少なかれ、自分自身という小さな岩にしがみついて生きている。
そんなにしがみつかなくても、決して自分自身から逃れられないのに。
一見涼しい顔を装っていても、
見えないところでしっかりとしがみついている。
まるで猿山の猿が、岩にしがみつきながら、
そこから見える世界こそが世界のすべてだと信じ切っているかのように。
ちょっとでも手を緩めて、自分自身の岩から離れられれば、
視点が変わって、素晴らしい楽園を見ることができるのに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。