Choisissez le chemin difficile 困難な道を選べ

Choisissez le chemin difficile 困難な道を選べ
昔から、迷ったときは困難な道を選べという。
しかし、困難な道を選ぶのは、やっぱり困難だ。
困難は自分を成長させてくれるとわかっていても、
苦しみは避けて通りたいのが人情だもんね。
そこで、「迷ったときは」にフォーカスしたらどうだろう?
迷うということは、困難ではあっても、その道がそれくらい魅力的だからだと思う。
苦しみだけの道なら誰も選択に迷わないからね。
それに、どこまで行っても平坦な道なんて、面白みがないでしょ。
そう考えると、山あり谷ありの道を選ぶことに迷いがなくなる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。