Un éléphant et des aveugles 群盲と象

Un éléphant et des aveugles 群盲と象
盲人たちが象を触りながら口々に言う。
「この動物は、ヘビのように長い」
「いやいや、ツバサがあって鳥のようだ」
「ライオンの様なたてがみがあるゾ」...。
全体を見ずに評価することへのいましめのだが、
盲人に対する侮蔑の意がこめられている。
しかし、見方を変えると全く逆になる。
ためしに、象ってどんな姿か思い起こしてみよう。
象の耳ってどんな?
そもそも、象を体毛を持たない動物だと思っていない?
健康な目を持っていても、象に対する認識は結構間違っている。
それにひきかえ、実際に触れて感じとった盲人たちの象は何とリアルな事か。
L'essentiel est invisible pour les yeux.
本当に大事なことは目に見えないんだよ 星の王子さまより


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。