Pour “Diamond Head” ダイアモンドヘッドへ

Pour “Diamond Head” ダイアモンドヘッドへ
ダイアモンドヘッドは、遠くから見ると普通の山のように見えるが、
実は、クレーター状になった噴火口跡の外輪山。
登頂にはまず、このクレーターの中に入らなければならない。
このトンネルを抜けてクレーターの中へ。
クレーターの中ほどに、ビジターセンターがあり1ドルの入山料を支払う。
ここまでKCCのバス停から15分ほど歩いたが、
旅行会社が運行するトローリーはこの近くまで来てくれる。
ちょっとうらやましい。
初めはなだらかだけど、だんだん急に。
息を切らしている人も中にはいたけど、お腹の大きな妊婦さんも登っていた。
スゴイ!
途中にいくつか見晴らし台があって、一息ついたり、
写真を撮ったり。
汗ばんだ肌に潮風が心地いい。
のぼりが一番急なのは、最後のトンネルに続く階段。
ここを登り切れば、頂上にはあとほんの少し。
狭い階段ですれ違うのも大変なので、ここで休み休み登るのはハタ迷惑、
なので一気に登る。
と思ったら、頂上はさらに大混雑で身動き取れない!
この日は、空を厚く雲が覆う天気。
登っていて暑さを感じず、過度な日焼けの心配もなかったが、
景色はいま一つで残念。
やっぱり南国の景色は、青い空、碧い海じゃなきゃね。
ビジターセンターから頂上まで30~40分。
頂上では、みんな10分ほど景色を楽しんで下山していた。
下りはやはり早いので、20~30分ほどか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。