La troisième visite en Hong-Kong 3度目の香港

La troisième visite en Hong-Kong 3度目の香港
一度目は30年ほど前、空の玄関口が啓徳空港だった頃。
パイロットの顔が見えそうなほどに
ビル群をかすめて離着陸する最も難しい空港。
それを知ってか、着陸後どこからともなく拍手が沸き上がったものだ。
100万ドルと呼ばれるいくつかの夜景の中で、
航空信号と見誤らない様に唯一点滅が許されない都市でもあった。
今では、そんな光景も見られなくなり、
もしその頃技術があったとしても到底許されなかったような
超高層ビルと派手な光の演出。
世界有数の金融の街香港には今、富とエネルギーがあふれている。
でも、30年前の香港の方が魅力があったなぁ。
喧噪過ぎないエネルギーと異国情緒あふれる街だった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。