Wong-Tai-Sin 黄大仙

Wong-Tai-Sin 黄大仙
私は元来、信心深い方ではない。
友人は真逆で、ここ黄大仙を訪れるたびに、運気がウナギ上りなんだとか。
ここ数年の友人を見ていると、確かにハンパない。
というわけで、誘われるがままについて行ってみることに...。
黄大仙は、もともと黄という名の仙人を祭る祠で、
風水上もっともパワーみなぎるライオンロックのの麓に造られた。
地下鉄駅直結で便利だけど、
そんなパワーみなぎる土地に穴をあけちゃっても大丈夫なのかなあ。
門を入って左手の階段を上ると、十二支の立像があり、皆自分の干支の前で写真を撮る。
その先の地下には太歳元辰殿があり、入場料を払うと中国風のお守りと
太くて短い線香を三本渡される。
本尊を取り囲むように60人の将軍が並んでいて壮観な眺めだ。
それぞれの生まれ年で担当する守護将軍が決まっているようだ。
この生まれ年というのが、旧暦だから注意が必要らしい。
3本の線香は、ご本尊と将軍様全員と、そして自分の守護将軍にそれぞれ1本ずつ手向ける。
外の喧騒とは別世界で広いお堂の中に参拝客は私達のみ。
どうも、ここは本来年初に、その年一年の幸運と無病息災を願いに訪れる場所のようだ。
外に出ると、ムッとする熱気と人の波。
お堂がいくつも建ち並んでいて、道教、孔子廟、仏殿、関帝廟まである。
八百万の神の国日本人の感覚としては理解できなくもないけど...。
これで、私も少しは運気が上がるのかなあ。
いえいえ、友人を見ていると、
神仏を敬う真摯な姿勢が、謙虚さにつながっているし、
出会いや縁を大切にする心が、
チャンスを呼び込み、それをものにすることを可能にしているんだと思う。
そうだ、パワースポットに行ったら運気が上がるのではなく、
そのパワーを普段の生活にどう生かすかってことか!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。