Le sport japonais 日本のスポーツ

Le sport japonais 日本のスポーツ
人気に陰りが出てきたとはいえ、まだまだ日本では野球が主流だ。
「日本の野球」には独特の雰囲気がある。
投手と打者の「間」はまさに日本的で、相撲に似通った点がある。
行司が待ったなしといいながら、
呼吸が合う(敵と呼吸を合わせる!?)まで何度でもやり直すところなんかは、
まさに間合いに対する日本人の感覚だろう。
送りバントを多用して状況を作って
ここぞというところでの四番登場は、
これより三役といったところ。
観客が待ち構えた瞬間瞬間のプレーに興奮が生まれる。
ところが、世界の人が夢中になるサッカーとは大違いだ。
間合いなんてものは関係なく、どこからでもボールを奪って点を取りに来る。
油断も隙もあったものではない。
エースが居ようが、組織だったプレーができなければ何の意味もない。
ボールがないところでも、仲間を信じてひたすら愚直なスプリントを繰り返す。
そのほとんどは徒労に終わったとしても、たった一度の成功のために死力を尽くす。
そこに世界の人は人生を重ね見ているのかもしれない。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。