Un dîner à la cérémonie du thé 茶懐石

Un dîner à la cérémonie du thé 茶懐石
坐忘の夕食は、古民家で頂く茶懐石。
茶懐石は、客人に風流な時をゆったり楽しんでもらうための食事。
最初に空腹を和ますために、
一口のご飯とちょっとした前菜で始まる、
らしい(茶道のたしなみがあるわけじゃないので
ホントはよく知らない!)。
詫び寂びが基本なので、
山海の珍味が並ぶわけではない。それでも、清流に住む山女魚の塩焼きは、
川魚の臭みが全くなく、香ばしくて味わい深い。
今の季節は、五穀豊穣、月、
そして旧暦では茶人の正月ともいうべき神聖なときだそう。
だから、素材の香り、味わいをよどみなくひきだしてこその
茶懐石料理といえる。
本来茶席ではこれほどの品数が供されるわけではない、
らしい。
そこは、温泉の夕食、茶懐石を模したコース料理なので
堅苦しさはない。
それぞれのペースでたんと召し上がれという事らしい。決して頬張ることなく、
一品一品の素材の味をゆっくりと噛みしめて、
晩秋というものを味わう豊かな夕餉だ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。