Italo イタロ

Italo イタロ
イタロはイタリアの私鉄高速列車。
日本の私鉄と違って、
自前の線路を持たず、イタリア国鉄の線路を借りて
高速列車を専門に運行している。
国鉄だってフレッチェという高速列車を運行しているので、
ガチ競合ということになる。
けれど、同じ条件ならイタリア国鉄のほうが大概高い。
それでもイタリア国鉄がやっていけるのは、
たぶん在来線に乗り換える際の利便性なんだろう。
今回は大都市間しか移動がないので、
利用したのはイタロ。
そして、イタロにしたもう一つの理由は、
特等切符で利用できる専用ラウンジ。
国鉄もラウンジがあるようだが利用条件が厳しい。
イタリア主要駅ではスリや引ったくりが横行してるっていうから、
ホームでボーっと待っているのは危ないんじゃないかと。
だから、ローマ~ミラノ、ミラノ~ボローニャは、
イタロの特等車を利用。
ラウンジは広くゆったりしているのに、
利用者はまばら。
コーヒー紅茶とクッキーみたいなものが少し。
居心地は悪くない。
発車時刻少し前にホームに行ってみると、
ホーム手前で検札があって、
切符を持っていないとホームには入れない。
これだったら、ホームで待っていても危なくはないかもね。
でも、特等にしてよかったのは荷物。
それ以外の車両は荷物置場のスペースが小さく、
困っている人がたくさんいた。
中には、スーツケースを無理やり座席上の網棚にのっけて、
落下事故を起こしている人もいたぐらいだ。
それにしてもイタリアの列車は評判どおりよく遅れる。
どうもフィレンツェ~ローマ間がいつもダメみたいだ。
今回も一時間以上遅れてミラノに到着した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。