Milan, une ville de la mort 死の街ミラノ

Milan, une ville de la mort 死の街ミラノ
ミラノを訪れたのは、ちょうど一年前。
観光客でごった返していて、
今のミラノの姿を想像だにできなかった。
いや今年の1月の時点でも、だれも想像していなかっただろう。
それが、コロナウイルスのせいで、
今やレストランや観光施設はもちろん、
ほとんどのお店が閉鎖された死の街になってしまった。
1人の人が5日後に平均2人に感染させると仮定すると、
10日後には4人、15日後には8人が発症する。
最初は大したことないと感じるかもしれないが、
これを繰り返していくと60日後には合計8千人を超え、
2か月半後にはなんと3万人を超える。
1人の患者が平均何人に感染させるかとか、
いったい患者の現在の実数がどのくらいなのかは、
今はわかりようもない。
指数を英語ではパワーというけど、
イタリアの惨状は
まさにコロナウイルスの力ずくの恐怖だ。
それを感じからロックダウンしてももう遅い。
その効果が出るのは、その約2週間後だ。
この2週間の間にロックダウン以前にうつされた患者が次々発症する。
だから効果が出るのを待つ間に、
指数関数のパワーをとことん思い知ることになる。
翻って日本では、
この3日間連日、新たな感染者が500人以上発生している。
ここに至ってやっと政府は緊急事態宣言を発した。
それがどの程度の効果か、2週間後にわかると思うけど、
いずれにしろやっぱりもう遅い。
科学が公平ならば、来週には毎日1000人の患者が発生し、
累計の患者数は1万にのぼる。
そして、現在、全例検査ではないので、
ある程度症状が強く出た人だけが、この数に含まれている。
今でさえ首都圏の医療がひっ迫しているのに、
来週以降どんなことになってしまうのか、
想像するだに恐ろしい。
イタリアの惨状の中に
すぐそこに迫った日本の姿が見える。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。