Une exposition de police 警察の展示会

Une exposition de police 警察の展示会
ミラノを離れてボローニャへ
マッジョーレ広場に警察車両が終結していた。
テロとか、何かの騒ぎじゃなきゃいいけどと思って近づいてみると、
それは警察の展示会だった。
一番の人だかりは、スーパーパトカー。
ランボルギーニ フラカン!
極端に低い車高はかっこよく、
いかにも安定がよくとても速そう。
でも、見慣れてくると、
警察車両の色はあじけなく、
なんとなくおもちゃに見えてくる。
やっぱりランボルギーニやフェラーリは、
真っ赤が似合う。
BMWだって、
何となくショボく感じるのは色のせい?
警察犬もうろちょろ足にまとわりついてくる。
噛まれやしないかと、ちょっと恐怖を感じた。
白バイじゃなくて、青バイも。
武装がマシンガンなのも、日本とちょっと違う。
そんなイタリア警察も、
昔はちょっとユーモラスで、
これもイタリアらしいといえばらしい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。